珠算能力検定の受験概要は、時折変わるので、是非一度、事前にチェックすることがおすすめです。基本的に、概ね以下みたいに規定されているのです。 ◆1級・・・試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)費用2040円 みとり算(100字)・かけ算(11桁)・わり算(10桁) ◆2級・・・試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)費用1530円 みとり算(80字)・かけ算(9桁)・わり算(8桁) ◆3級・・・試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)費用1330円 みとり算(60字)・かけ算(7桁)・わり算(6桁) ◆4級・・・試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)費用920円 みとり算(50字)・かけ算(7桁)・わり算(6桁) ◆5級・・・試験費用920円 みとり算(40字)・かけ算(6桁)・わり算(5桁) ◆6級・・・試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)費用920円 みとり算(30字)・かけ算(5桁)・わり算(4桁) また、段位は準初段から十段まであり、珠算部門と暗算部門に分かれているのです。 ◆珠算のみ受験・・・試験費用2200円 ◆暗算のみ受験・・・試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)費用1100円 ◆珠算・暗算の両方を受験・・・試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)費用2550円 合格基準はときたまかわりますが、準初段では90点以上取らなければならないでしょう。段位検定の試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)問題は共通で、何点とれたかにより段位が決定する仕組みになっているんです。対策としては、やはり珠算教室(懐かしいと感じる人もいれね、嫌な思い出しかないという人もいるかもしれません)で練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)を積むことが一番でしょう。ソロバンは自宅でも練習(最後はどれだけやったかが自身に繋がるのだとか)が可能なので、練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)次第としか言えありません。習得するというのは、子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)ほど早く、大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか。周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)のほうが難しいといわれているんですが、練習(最後はどれだけやったかが自身に繋がるのだとか)次第では段位取得も夢ではないので、是非がんねってみて下さいねー